ビデオ会議の今後の展開はどこか

ビデオ会議システムの開発の歴史は本当に息を呑むことです。したがって、近い将来、ビデオ会議システムはどんな種類の開発をしますか?その発展の様々な要因は何ですか?


1ファイバートゥザ高精細ビデオ会議は政府の問題やビジネス活動の頻繁な保持と

を繁栄、完全な会議機器の需要も社会で成長し始めている。産業の発展を制限することは、正確にビデオ会議システムの明快さと流暢さです。多くのIT企業は、高精細


ビデオとオーディオ会議システムを開始し、“3つのネットワーク”のビデオ会議システムの研究開発を進めている。迅速にビデオ会議業界の発展を促進するためにこの機会を利用したい。 2つの革新は、迅速なトラック


にインターネット会議の開発を作るスマートな端末と革新的な技術のアプリケーションは、人々とCountの生活習慣を破壊していると発表したインターネットの動向レポート。インターネットはいつでも、任意の場所、任意のデバイスと任意の方法を希望する限り、範囲内のすべてを収容することができます。このレポートはまた、人々と私たちの心のスパークスを喚起した。いくつかのインスピレーションは、近い将来の現実になります。

3 .ビデオ会議端末


の開発の動向と展望は,科学技術の発展とともに,ビデオ会議端末は市場で大きな変化に直面している。数年後に、テレビ会議市場は、主にISDN接続を通してセットトップボックスとモバイルシステムに支配されます。現在,市場は常に変化しており,ビデオネットワークも急速にipネットワークに発展している。これは、会議システムの接続方法に影響を与えるだけでなく、ビデオ端末もIT機器のIPベースの部分になります。

ウェブ会議は、テレビ会議端末が各々のメディアビデオ会議市場とどのように調整されるべきかについて再調査するように促しました、そして、いろいろな革新的な1234568890 USBマイクロホン.


4 .ビデオ会議ビデオ会議のアプリケーションとトレンドの分析は、企業の会議のコミュニケーション方法の新しいタイプです。没入型ビジュアル遠隔コミュニケーションモードは電話と遠隔出張の通信モードを変更した。Annekis ビデオ会議カメラの現実的なビデオ効果を通じて、同社は会社に没入型の会議体験をもたらすことができると従業員の顔とのコミュニケーションを支援することにより、時間、コストを節約し、作業効率を向上させる。また、オペレーティングモデルを改善することができます、リーダーシップをより迅速な意思決定を提供するために、企業は競争環境での機会を獲得し、ビジネス上の旅行の数を減らすことができます。さらに重要なことに、それは車の排気ガスを減らして、「緑のオフィス」環境をつくります。 5 .テレビ会議のハイエンド市場は、高い製品要件、困難なプロジェクトと長いサイクル、大きな顧客予算と激しい競争を持ちます。高い価格は多くの中小企業を阻止します。テレビ会議の普及の傾向は一層明らかになり,ローエンド市場は確かに挑戦と機会であるテレビ会議製品の新たな要求をもたらした。


会議は、将来的にピークの開発期間に迫るでしょう。しかし、ビデオ会議の発展はどこですか?未来を確認しましょう。




TY_RECEIVER
Room 903, Guangshen Building 2023 Shennan East Road, Luohu District, Shenzhen518000, Guangdong, China
sales@angekis.com
0775-2296-9385